見積もりは慎重に|快適な引越しをしたいなら|一人一人にマッチしたプラン
作業員

快適な引越しをしたいなら|一人一人にマッチしたプラン

見積もりは慎重に

男女

引越しを業者に依頼する際は見積もりを出してもらうことになりますが、見積もりを出してもらう際の注意点とはどのようなものでしょうか。まず、見積もりはある程度具体的に引越しに関する内容が決まったタイミングで依頼するようにしましょう。見積もり書には引越しする日にちを記入する必要がありますし、荷物の量も記載されます。そういった事が決まっていない漠然とした状態で引越しの見積もりを取っても正確な料金が出せないので、ある程度内容が固まってから見積もりを依頼する必要があるのです。また、可能な限りで良いので新居の情報も正確に伝えるように注意が必要です。アパートの5階に引越しをする際に転居先のアパートにエレベーターがあるかないかで大きく料金が変わってきます。正確な情報を伝えないと追加料金が発生し、見積もりよりも高くなる可能性もあるのです。

どのような業種にも法外な料金を請求したりまともに仕事をしてくれない、いわゆる悪徳業者というのは存在します。引越しの世界でも例外ではありません。悪徳業者の特徴を知り、騙されないようにしましょう。まず、よく見られる特徴として契約を結んだ際の手付金や内金の請求があります。基本的に引越しの費用を支払うのは全ての作業が終了した後だと標準引越運送約欺という国交省が定めた決まりに決められており、引っ越し前の内金や手付金は禁止されているのです。違法ではないですが、こういったお金を請求してくる業者には注意しましょう。また、先に書いた標準引越運送約欺は見積もりの際に提示することが義務付けられておるのですが、こういった書類を提示しないのも悪徳業者に特徴と言えるでしょう。提示しないのは業者にとって不利な事が書いてあるからにほかなりません。